検索
Close this search box.

nosh(ナッシュ)は糖尿病でも食べられる?食べていいもの・ダメなものをチェック

ナッシュ弁当

生活習慣病の一つで、肥満や運動不足などが引き金になりやすい「糖尿病」。

インスリンの働きが悪くなると糖質やカロリーを制限する必要があり、食事の管理が難しくなります。

そんな時は宅配弁当「ナッシュ」がおすすめです。今回はメニューの選び方や、血糖値が上がりにくい食材・上がりやすい食材などについてご紹介します!

ナッシュの冷凍弁当は糖尿病食として活用も可能

ナッシュは糖質30g以下・塩分2.5g以下だから活用も可能!
ナッシュはすべてのメニューが糖質30g以下・塩分2.5g以下で作られています。カロリーはメニューによって異なりますが、メニューごとに栄養量が記載されているので、メニュー選びの参考になります。

実際、糖尿病の患者さんでナッシュを利用している人は多くいます。また、ナッシュは糖尿病をテーマにしたイベントに商品を提供するなど、食事療法に役立つ宅配弁当としても実績を重ねています。

ナッシュを毎日の食事に取り入れても問題ないかどうか、まずはかかりつけの医師や管理栄養士に相談してみましょう。

公式サイトはこちら

糖尿病の人がナッシュのメニューを選ぶ時のポイント

糖尿病になっても食べていけない食材は特にありませんが、食材の選び方や食べ方などを工夫すれば、血糖値の上昇をゆるやかにすることができます。

例えば、ナッシュのメニューを選ぶ際には、以下のようなポイントに気を付けてみましょう。

血糖値が上がりにくい食材を選ぶ

食材には血糖値が上がりやすい物や上がりにくい物があります。食事療法で一番大切なのは血糖値の急激な上昇を防ぐことなので、血糖値が上がりにくい食材を優先して選ぶようにしましょう。

食材の血糖値の上昇度はGI値という単位で数値化されており、GI値が低い食材は「低GI食品」と呼ばれています。

後ほど詳しくご紹介しますが、低GI食品には玄米・雑穀・大豆製品・さつまいも・きのこ類・乳製品など、いろいろな食材があります。

これらの食品のラインナップを大体把握していれば、ナッシュのメニューを選ぶ際にも大いに役立つはずです。

食物繊維が多い食材を選ぶ

食物繊維は消化されないまま小腸や大腸まで運ばれる特別な栄養素です。

一方、糖質は体内でブドウ糖に変化して小腸で吸収されますが、この時に腸内に食物繊維が豊富にあると、ブドウ糖の吸収を遅くすることができます。

つまり、食物繊維が多い食材をたくさん食べていれば、血糖値の急激な上昇を抑えることができるわけです。

食物繊維を豊富に含む食材は、低GI食品と共通することが多い食材です。例えば、野菜・きのこ類・海藻類・雑穀などが挙げられます。

ナッシュを利用する際は野菜が多いメニューを選ぶのはもちろん、副菜から先に食べる工夫をするとよいでしょう。

主食をプラスするなら低糖質パンがおすすめ

ナッシュのメニューは基本的に主食が付きません。その代わり、おかずとは別に低糖質のバンズパンやロールパンを販売しています。

ナッシュのパンの糖質はどれくらい?

ナッシュのパンの糖質はバンズパンが2.1gロールパンが4.5gです。

自分の適切なカロリー量をオーバーしないようであれば、主食にパンをプラスするのもおすすめです。

ナッシュのパンはおかずと一緒に注文できますが、例えば6食プランでパンを1食分選ぶと、おかずは5食分になります。

おかずの注文数を減らしたくない場合は、個数の多いプランを利用しましょう。

玄米や雑穀米も◎

玄米や雑穀米は食物繊維が多く、白米よりも血糖値の上昇がゆるやかです。そのため、ナッシュのおかずにご飯を付けたい時は、玄米や雑穀米がおすすめです。

ただし、玄米や雑穀米の糖質量は、実は白米とそこまで大きく違うわけではありません。あくまでも血糖値の上昇がゆるやかというだけなので、全体のカロリーを考えて食べる量を決めましょう。

ナッシュのメニューはほとんとが主食なしですが、一部のメニューにご飯が付いています。中でも、「CoCo壱番屋」とのコラボメニューには玄米や雑穀米が使用されています。

CoCo壱番屋 ビーフカレー

玄米と雑穀米をブレンドした16穀米。

CoCo壱番屋 バターチキンカレー

ロウ層(硬さの原因となる部分)をカットした玄米とうるち米をブレンド。

もちろん、上記のメニューも糖質30g以下です。カレーを食べる時はついご飯の量が多くなってしまうという人にぴったりですよ。

よく噛んでゆっくり食べる

肥満は糖尿病のリスクを高める一因ですが、早食いの人は肥満になりやすい傾向にあります。これは満腹中枢の働き方に特徴があるからです。

満腹中枢は血糖値の上昇を感知して「満腹になった」というサインを出します。しかし、満腹中枢が血糖値の上昇を感知するまでには、約15~20分かかるとされています。

そのため、それよりも短い時間で食べ終わってしまうと、満腹感を感じにくく、つい食べ過ぎてしまうのです。

よく噛んで食べると満腹中枢が刺激され、食欲を抑える効果があることが分かっています。食欲が抑えられると食べ過ぎを防ぐことができるので、肥満の予防になるわけです。

ナッシュのメニューは1食ずつ自分で選べるので、好きな料理を味わえる楽しみがあります。よく噛んでじっくり味わいながら食べれば、自然と早食いを防止できるはずです。

公式サイトはこちら

関連記事

最近CMでお馴染みの宅配弁当大手のナッシュ。 宅配弁当・冷凍弁当と聞くと「そんなに美味しくないのでは?むしろまずい?」というイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか? 今回ナッシュの宅配弁当の、味・メニューの豊富さ・料[…]

ナッシュの口コミ評判

糖尿病でも食べていいものを一覧でチェック!

糖尿病で食事制限が必要になったとしても、基本的に食べていけない物はありません。ただ、「糖質が少ない」「血糖値が上がりにくい」など、食事療法におすすめの食材はあります。

そこで続いては、糖尿病の食事療法に積極的に取り入れたい食材をご紹介します。主食・主菜・副菜に分けると、以下のような食材がおすすめです。

主食 玄米・雑穀米・全粒粉パン・ライ麦パン
主菜 魚・大豆製品
副菜 野菜・きのこ類・海藻類・大豆製品

ここからは、それぞれの食材について詳しくご説明しましょう。ぜひナッシュのメニュー選びの参考にしてみてください。

玄米・雑穀米

前述のように、玄米や雑穀米は食物繊維が豊富で、白米よりも血糖値が上がりにくい食材です。また、ビタミンやミネラルも多く含まれているので、白米に比べて栄養価が高いことも魅力です。

ただし、糖質量は白米とそこまで変わらないため、食べ過ぎには十分注意しましょう。ナッシュには玄米や雑穀米を使ったメニューがあり、1食分が糖質30g以下に抑えられているのでおすすめです。

また、ご飯を炊くのが面倒な時は、市販のパックご飯も便利です。玄米や雑穀米のパックご飯にはいろいろな種類があるので、糖質制限が必要でも主食のバリエーションが広がります。

魚は元々糖質が非常に少ない食材で、魚をよく食べる人は糖尿病のリスクが低いとも言われています。その理由は魚に多く含まれる良質な脂質にあります。

魚には不飽和脂肪酸という脂質が多く、不飽和脂肪酸は血液をサラサラにしたり、中性脂肪を減らす働きがあることで知られています。そのため、糖尿病と深く関わりがある肥満や動脈硬化の予防につながるのです。

また、最近の研究では、不飽和脂肪酸はインスリンの分泌を改善する可能性があることも指摘されています。

特にイワシ・アジ・サンマ・さば・鮭などは脂質が多いので、積極的に摂りましょう。

野菜・きのこ類・海藻類

野菜・きのこ類・海藻類には食物繊維が豊富です。食物繊維は消化されずに腸まで届き、ブドウ糖が吸収されるスピードを遅くする働きがあります。そのため、血糖値の上昇をゆるやかにする効果があるのです。

食物繊維やたんぱく質のおかずから食べよう!
血糖値の上昇を抑えるには、食事の際にまず野菜類のおかずから食べることがポイントです。
また、その際にたんぱく質のおかずも一緒に摂ると、さらに血糖値の上昇を抑えることができます。これはインクレチンというホルモンの働きによるものです。
インクレチンはたんぱく質や脂質を摂取した時に消化管から分泌されるホルモンです。
インクレチンには消化のスピードをゆるやかにしたり、インスリンの分泌を促す働きがあると言われています。そのため、糖尿病の食事療法でも注目されているのです。

大豆・大豆製品

大豆に含まれるイソフラボンには、血糖値を下げたり、耐糖能異常を改善する働きがあると言われています。

耐糖能異常とは?

糖尿病の一歩手前で、血糖値が高い状態のこと。痩せた若い女性にも多いことが指摘されています。

また、イソフラボンはコレステロールを低下させたり、女性ホルモンに似た働きをすることでもよく知られています。

大豆製品は豆腐・納豆・厚揚げ・油揚げ・大豆ミートなど、種類が豊富です。主菜にも副菜にもなる理想的な食材なので、いろいろなおかずから摂取しましょう。

納豆や豆腐はダメじゃないの?

大豆製品は糖尿病に良くないと勘違いしている人もいますが、決してそんなことはありません。ただし、注意が必要なのは食べる量です。

納豆菌は摂り過ぎると腹痛の原因に…

納豆菌は強力な菌なので、一度にたくさん食べると腹痛や下痢などを起こすことがあります。

適量は一日1パック。それ以上は食べないようにしましょう。

豆腐はカロリーオーバーにご注意を

豆腐は低カロリーな食品ですが、たんぱく質を多く含むので、食べ過ぎるとカロリーオーバーになる可能性があります。

一日の適量は約100~150g。1パックの半分または3分の1程度です。

どんなに体に良い食材でも食べ過ぎは禁物です。その他の食材と組み合わせて、バランスよく摂りましょう。

乳製品

牛乳・ヨーグルト・チーズなどの乳製品が体に良いことは広く知られていますが、近年の研究により糖尿病のリスクを下げる可能性があることも分かってきました。

例えば、海外のある研究グループは「普段から乳製品を多く摂っていると、糖尿病・高血圧・肥満のリスクの低下、さらにはうつ病や認知症の予防にもなる」と明らかにしています。

また、別の研究では「朝食に牛乳を飲むと、朝食後はもちろん、昼食後も血糖値の上昇が抑えられる」としています。

ヨーグルトは無糖を選ぼう

ヨーグルトを食べる時は無糖のプレーンヨーグルトを選びましょう。

酸味が気になる場合は、少量のはちみつを加えるのがおすすめです。はちみつは糖質を多く含みますが、血糖値やコレステロール値を下げる働きがあると言われています。

全粒粉パンやライ麦パン

ナッシュでは低糖質パンを購入できますが、糖質制限されていないパンの中にも、血糖値が上がりにくいパンがあります。それが全粒粉パンライ麦パンです。

全粒粉やライ麦は小麦粉よりも食物繊維が豊富です。そのため、小麦粉を使ったパンよりも血糖値の上昇がゆるやかになります。

6枚切りの食パンなら1枚、ロールパンなら2個を上限として、よく噛んでゆっくり味わいながら食べましょう。

 

糖尿病を悪化させる食べ物

糖尿病になっても、食べていけない物は特にありません。しかし、一度にたくさん食べると血糖値が急激に上昇したり、糖尿病のリスクを高めてしまう食べ物はあります。

続いては、そんな「糖尿病を悪化させやすい食べ物」について見ていきましょう。

お菓子

糖尿病について詳しくなくても、「甘いお菓子は糖尿病の大敵」というイメージは多くの人が持っているのではないでしょうか?

一般的に広く使用されている砂糖はブドウ糖と果糖で構成されており、消化や吸収にも時間がかからないため、血糖値が上がるスピードはかなり速くなります。

そのため、砂糖をたっぷり使ったお菓子をたくさん食べるのは厳禁。食べていけないわけではありませんが、一日分のおやつは80~160kcal以内、多くても200kcal以内に収めるのが理想的です。

また、せんべい・ポテトスナック・コーンスナックなどは、甘みはないものの糖質をしっかり含んでいます。そのため、これらのお菓子も適量を守って食べることが大切です。

ちなみに、ナッシュには低糖質のデザートもあります。焼きドーナツ・チーズケーキ・ガトーショコラ・プロテインバーと種類も豊富なので、甘い物が食べたい時におすすめですよ。

ジュース・炭酸飲料・清涼飲料水

糖尿病の食事療法では、食べ物だけでなく飲み物の選び方にも注意が必要です。

特に飲むのを控えたいのは、砂糖をたくさん使用した炭酸飲料や清涼飲料水です。飲み物は食べ物よりも体への吸収が早いため、血糖値も急激に上昇してしまいます。

どうしても飲みたい時には、人工甘味料や天然甘味料を使用したカロリーゼロの飲み物を選びましょう。カロリーゼロの甘味料は体に吸収されないため、血糖値が上がる心配もありません。

一方、野菜や果物を使ったジュースは体に良さそうなイメージがありますが、糖質を多く含んでいるのであまりおすすめできません。健康のために摂るのであれば、素材のままゆっくり噛んで味わうようにしましょう。

白米・パン・麺類

白米や小麦粉は精白されているので、ぬかや胚芽などに豊富に含まれる食物繊維が失われています。その分消化しやすいというメリットはありますが、これが血糖値が上がりやすくなる原因になっています。

一方、同じ素材でも玄米や全粒粉は食物繊維が多いため、血糖値の上昇がゆるやかになります。主食選びで迷った時は、精白されている白い主食は控えめに摂ることを心がけましょう。

ナッシュには低糖質パンや玄米・雑穀米を使用したメニューなどの他、一部には白米や小麦粉を使用したメニューもあります。しかし、すべてのメニューが糖質30g以下に抑えられているので、糖質制限が必要な人でも安心して食べられます。

赤身の肉

肉には糖質はほとんど含まれませんが、赤身肉に含まれるヘム鉄はインスリンの効き方を低下させると言われています。そのため、肉を食べるのであれば、牛肉や豚肉よりも鶏肉の方がおすすめです。

また、肉の代わりに魚や大豆製品を摂ると、糖尿病のリスクが下がることも分かっています。普段から肉をよく食べる人は、食生活を見直してみるといいかもしれません。

公式サイトはこちら

糖質・塩分が制限されたナッシュは糖尿病の人にもおすすめ!

  • すべてのメニューが糖質30g以下・塩分2.5g以下
  • 低糖質のパンやデザートもあり!
  • 好きなメニューを選べる

ナッシュはすべてのメニューが糖質30g以下・塩分2.5g以下に制限されているので、糖尿病や高血圧の人でも安心して食べられます。

また、メニューごとに栄養素量やカロリーが明記されているため、主食をプラスしたい時にも簡単に栄養計算できます。

そして、毎回好きなメニューを選べるのも大きな魅力。魚や大豆製品のメニューを多めに選ぶなど、健康に配慮したメニュー選びが可能です。

そんなナッシュをさっそく始めてみたいという人のために、続いては気になる料金について詳しくご説明しましょう!

関連記事

宅配弁当の「nosh(ナッシュ)」は、手軽さ・おいしさ・栄養バランスの良さが人気のサービス。 ナッシュの口コミを目にして利用してみたいと思っている人も多いのではないでしょうか? 「でも、どんなメニューがあるの?」「自分好みのメニ[…]

ナッシュのおすすめメニューランキング

ナッシュの料金は?

ナッシュの購入方法は定期購入で、プランは6食・8食・10食の3つから選べます。1食あたりの価格は、個数が多いプランになるほど安くなります

プラン 1食あたりの価格 セット価格
6食 698円 4,190円
8食 623円 4,990円
10食 599円 5,990円

また、2回目からは20食プラン(11,980円)の注文も可能です。1食あたりの価格は10食プランと同じ599円ですが、一度にたくさん買うことで送料を節約できるというメリットがあります。

送料は地域によって異なり、1回の配送ごとに毎回送料がかかります。

初回注文には3,000円引きクーポンがお得!

初めてナッシュを注文する方におすすめなのが、初回のみ利用できる「3,000円引きクーポン」です。

  • お好きなプランが3,000円引きに!
  • リンクを経由するだけだから簡単
  • 公式サイトにもない特別なクーポン!

使い方は簡単!下のリンクを経由して公式サイトに移動し、お好きなプランを注文するだけでOKです。

ナッシュ「初回限定3,000円引きクーポン」はこちら

ナッシュ紹介サイトでしか利用できない特別なクーポンなので、ぜひご利用になってくださいね!

関連記事

「冷凍なのに本格的な味わいで、栄養バランスも完璧!」と評判の宅配弁当「ナッシュ(nosh)」。どんなサービスなのか試してみたいという人もきっと多いですよね。 実はナッシュをお試しするには、ちょっとしたコツがいるんです。さらに、本記事か[…]

ナッシュのお試し

ナッシュクラブは継続するほど割安に

ナッシュクラブ

ナッシュには「nosh club(ナッシュクラブ)」という会員ランク制度があります。

10食分の購入ごとに割引率が増えていくお得なシステムで、累計購入数が170食を超えると永久に最安値で購入できるようになります。

ランク1 ランク2 ランク3 ランク4 >> ランク18
累計購入数 0食 10食 20食 30食 170食
6食プラン 698円/食 691円/食 684円/食 677円/食 582円/食
8食プラン 623円/食 617円/食 611円/食 605円/食 520円/食
10食プラン 599円/食 593円/食 587円/食 581円/食 499円/食

途中で配送をお休みしてもランクは維持されるので、自分のペースでランクアップしていけますよ。

ナッシュは糖尿病の食事療法にもおすすめ

糖質と塩分がしっかり制限されているナッシュは、糖尿病の人でも安心して食べられる宅配弁当です。

「糖質制限が難しい」「カロリー計算が面倒」といったお悩みがある方は、ぜひナッシュを食生活に取り入れてみてくださいね!

関連記事

糖尿病を患う方や血糖値を管理する必要がある方は、食事に特別な注意が必要です。 自炊での栄養管理が難しい場合、宅配弁当を利用することを検討してみませんか?糖尿病向け食事を提供する宅配弁当について詳しくご紹介します。 今回糖尿病の方[…]

糖尿病向けおすすめ宅配弁当
関連記事

シェフ特製の本格的なおかずを手軽に味わえる宅配弁当「nosh(ナッシュ)」。冷凍で保存期間が長く、栄養バランスもバッチリですが、添加物はどれくらい使用されているのでしょうか? そこで今回は、ナッシュの添加物について気になる点を調査して[…]

ナッシュと三ツ星ファームの添加物比較
関連記事

レンジでチンするだけで食べられる人気の宅配弁当「ナッシュ」。 栄養バランスが良く糖質制限されているので、ダイエットのために利用している人も多くいます。 では、実際にナッシュを食べ続けて痩せた人はどれくらいいるのでしょうか?ダイエ[…]

ナッシュで痩せた
ナッシュ弁当
最新情報をチェックしよう!