検索
Close this search box.

離乳食がめんどくさい時の時短アイディア&おすすめベビーフードを解説!

離乳食がめんどくさい

離乳食は赤ちゃんが母乳やミルクを卒業して、食事を始めるための大切なステップ。とはいえ、素材をすりつぶしたり刻んだり、味付けで悩んだりするのはかなりの手間ですよね。

「離乳食作りがめんどくさい!」と感じているなら、調理の工程を減らす工夫をしてみましょう。

手際よく離乳食を作るコツや、あると便利なおすすめのベビーフードなどについて詳しくご紹介します!

離乳食作りは大人のおかずと一緒でOK!

離乳食のストック

離乳食は赤ちゃんが食べやすいように食材をすりつぶしたり刻んだりした物ですが、使う食材は大人が食べる物と全く同じです。

そのため、やわらかく調理できる食材であれば、大人のおかずと一緒に作ることが可能です。

離乳食だけを別に作るよりもずっと楽になる!
離乳食と大人のおかずを別に作っている場合は、まず同時進行で作ることから始めてみましょう。ポイントは以下の通りです。

汁物や水気の多いおかずを取り分けるのが◎

まだ歯が生えていない赤ちゃんでもスムーズに飲み込めるように、離乳食には適度な水分が欠かせません。

そこで、大人用のおかずから取り分ける際にも、味噌汁・スープなどの汁物や、煮物・蒸し物といった水気の多いおかずを利用することがポイントです。

例えば、離乳食の取り分けにおすすめなのは、以下のようなおかずです。

野菜と豆腐の味噌汁

ほうれん草・にんじん・大根・キャベツ・かぼちゃなど、細かくしやすい野菜が最適。

肉じゃがやカレー

にんじん・じゃがいも・玉ねぎなどを一度に調理できるので効率的。肉も食べさせたい場合は鶏ささみがおすすめ。

白身魚の煮付けや蒸し焼き

白身魚はほぐれやすく、淡白な味なので離乳食向き。煮付けや蒸し焼きは水分は多めなので使いやすい。

豆腐ハンバーグ

鶏ひき肉と豆腐で作ると食感がやわらかくなる。離乳食中期頃からがおすすめ。

大人の味付けは取り分けてから

離乳食を大人のおかずと一緒に作る際は、まずだし汁薄味で食材をやわらかくなるまで煮ましょう。

大人用の味付けは離乳食の分を取り分けてから。特にしょうが・にんにく・香辛料・みりん・料理酒などは、後から入れることが大切です。

手軽な顆粒だしを使いこなそう!

離乳食だからといって、だし汁にわざわざ昆布やかつお節などを使わなくても大丈夫。市販の顆粒だしを使って簡単に済ませましょう。

ちなみに「だしのおいしさは離乳食の時期に心や体にすりこまれる」と言われています。時間に余裕がある時は、昆布をひとかけら入れて深みを出すのもおすすめです。

味付けしたおかずはだしやお湯で薄める

すでに味付けが済んだおかずでも、ポイントさえ押さえれば離乳食に使うことは可能です。

大人用のおかずを離乳食に使う時のポイント
  • みりんや料理酒を使ったおかずは、しっかり火を通してアルコールを飛ばす
  • 具材だけを取り出して、お湯で軽く洗って味を薄める
  • だし汁やお湯などを足して煮直す
  • おかゆに混ぜて味を薄くするのも◎

「ヨシケイ」のミールキットは取り分け離乳食にぴったり!

子育て中は大人用のおかずを作るのもめんどくさい…。そんな人にぴったりなのが、ミールキットの宅配サービス「ヨシケイ」です。

販売会社名 ヨシケイ開発株式会社
価格 2人用3,000円(税込)~
3人用4,500円(税込)~
送料 無料
購入形態 定期
目安人数 1人~4人
調理時間の目安 最短10分
調理工程 下処理・カット済み食材を調理するだけ
到着時の状態 冷蔵
初回割引・特典 5日分1食あたり300円からお試し

豊富な種類のコースの中で離乳食の取り分けに利用しやすいのが、「プチママ」「Cut Meal」の2つのコース。どちらにもミールキットを利用して作れる離乳食レシピが用意されています。

プチママ

20~30分で完成する時短メニューのコース。料理初心者でも作りやすく、子供向けのメニューが充実しています。

Cut Meal

カット済みの食材がメインで、包丁を使う場合も最大3回のカットだけで済むコース。下ごしらえの手間を大幅に減らせます。

ヨシケイは離乳食を卒業してからも家族みんなで継続利用できるのが大きな魅力です。食べ盛りのお子さんのごはん作りがぐっと楽になりますよ。

関連記事

「忙しくても健康的でおいしい食事をしたい」「料理のレパートリーを増やしたい」 そんな方におすすめなのがヨシケイのミールキットです。 カタログから好きなメニューを選ぶだけで自宅に材料が届くので、献立に悩んだり買い物をする手間がかか[…]

ヨシケイミールキットの評判

 

離乳食作りの悩みは「#離乳食めんどくさい協会」で解決!

離乳食作りがめんどくさいと感じるのは、少量なのに手間がかかる作業が多いから。そんな時は、SNSで簡単レシピやお助けグッズについて検索してみましょう。

おすすめのハッシュタグは「#離乳食めんどくさい協会」。実はこれ、離乳食作りで悩むママやパパとつながれる魔法の合言葉なんです。

「離乳食めんどくさい協会」とは?

「離乳食めんどくさい協会」とは、10年以上前からX(旧ツイッター)でじわじわと広がり始めた離乳食のアイディアなどを共有するためのハッシュタグです。

このハッシュタグで検索すると。ママやパパたちが投稿した簡単レシピ便利な食材・グッズなどに関する情報が一目で分かります。

どんなツイートが注目されているのか、その一例を見てみましょう。

離乳食の簡単レシピ

黒やぎさん3y+2y

パン粥は
1、8枚切りパンを5ミリ角に切ってジップロックで冷凍保存し
2、使う時に使う分だけ出して電子レンジでチンして
3、粉ミルクとお湯を注いでほぐせば完成

#離乳食めんどくさい協会

うみのふとん 5y&3y

金太郎飴方式の量産おやき、改良版❣️
①水煮シーチキンとレンチンしたじゃがいも人参玉ねぎほうれん草、片栗粉小1を混ぜてラップに広げて棒状に
②1時間程度冷凍庫に入れて、ある程度固まったらサクサク切る
③両面に焼き色付けて、少し蓋する
④完成〜!
#離乳食めんどくさい協会

ゆーちゃ@時短ワーママ

離乳食どんだけ残しても、最後におやきにすれば手づかみで完食してくれるようになったからメンタルダメージがゼロに
残したご飯とおかずに小麦粉入れて混ぜて、薄く油引いたフライパンにスプーンでぽとぽと落として片面数分ずつ焼くだけ。
#離乳食めんどくさい協会

手づかみ食べレシピの人気は「おやき」

食が進んでくるとふいに訪れる赤ちゃんの「手づかみ食べ」ブーム。「#離乳食めんどくさい協会」では、片栗粉や小麦粉を混ぜて焼く「おやき」のレシピが人気です。

こんな情報も、離乳食作りで悩んでいる親御さんにとっては本当に参考になりますね。

離乳食作りに便利な食材・グッズ

続いては、離乳食作りが楽になる食材やグッズについての投稿を見てみましょう。

まいまい@3Y双子

イオンの「そのままレンジ保存容器」ってやつ離乳食にめっちゃいいよ!ふたに凹凸がなくて洗いやすいし、うどんとかおかゆとか冷凍保存→そのままレンチンして食べさせれる🥰サイズは90mlが主食にちょうどよい!5個で198円🥰🥰🥰
#離乳食めんどくさい協会
#離乳食便利グッズ

ち~

アカチャンホンポで見つけて感動した。
離乳食のパックごはん。
2歳長女のときはなかった気がしたから発売時期調べたら昨年8月か。
炊いて冷凍しとくのもいいんだけど、そろそろ冷凍庫の容量に限界が来てた。
常温保存なのありがたい。
企業努力万歳!!

#離乳食めんどくさい協会
#離乳食

えのん☺︎@2y+6m低浮上

リッチェルのトレーにごはん入れてフリフリすると小粒おにぎりが一気に大量にできて楽だった( *˙ω˙*)و グッ!
#離乳食めんどくさい協会

商品を探す手間が省ける!

具体的なメーカーや使い方が分かる投稿は、時間に追われて商品をじっくり探すヒマがない時に大いに役立ちます。

実際に購入したら、使ってみた感想を自分で投稿するのもいいですね。

類似のハッシュタグも活用しよう

離乳食に関するハッシュタグには、他にもいろいろな種類があります。

離乳食に関する人気のハッシュタグ
  • #キラキラしてない離乳食
  • #BF頼みの離乳食
  • #離乳食便利グッズ
  • #離乳食幼児食オススメ晒してみんなでパクり合おうぜ
  • #本当におすすめしたい離乳食グッズ

どのハッシュタグで検索しても必ず有益な情報にたどり着くので、定期的にチェックしてみましょう!

 

離乳食作りをお休みできる!おすすめの宅配ベビーフード

毎日赤ちゃんのお世話に奮闘していると、「今日はもう何もしたくない!」という日も少なくないですよね。そんな時におすすめなのが、ベビーフードの宅配サービスです。

宅配ベビーフードのメリット
  • 調理の手間がいらない
  • 月齢に合った離乳食を選べる
  • そのままはもちろん、アレンジにも使える
  • 自宅に届くので買い出しが不要

宅配のベビーフードを利用すれば、食材をつぶしたり刻んだりする手間がかからず、献立で悩むことも減ります。また、ネットで注文して自宅で受け取るだけなので、買い物に行く時間も節約できます。

ここからは、そんな宅配ベビーフードのおすすめサービスをご紹介しましょう。

ファーストスプーン

販売会社名 マルヒ食品株式会社
価格 単品 680円~
はじめての離乳食セット 4,500円~
送料 880円
購入形態 都度・定期
月齢 5~18ヶ月
到着時の状態 冷凍
初回割引・特典 定期便が初回50%OFF・2回目以降も10%OFF

「ファーストスプーン」は月齢に合った離乳食のセットが月に1回届く宅配サービスです。

ブランドの拠点となる宮城県産の野菜・お米・水などを使用し、育児経験が豊富なママさんたちがメニュー開発からラッピングまで担当。

アレンジに使える素材から温めるだけで食べられる完全調理品まで、柔軟に使い分けられる離乳食が揃っています。

関連記事

大切な赤ちゃんにはじめてあげる食事はしっかりとしたものを。離乳食はすりつぶしたり、やわらかくなるまで素材を煮込んだりと調理行程も多く大変な事も多いでしょう。育児や家事もこなす中で栄養のバランスにも気をつかうのは大変です。 ファーストス[…]

ファーストスプーン口コミ

カインデスト

販売会社名 株式会社MiL (MiL Inc.)
価格 単品セット 1,070円~
月齢別20パウチセット 9,731円~
送料 253円~
購入形態 都度・定期
月齢 5~18ヶ月
到着時の状態 常温
初回割引・特典 定期便が初回980円

「カインデスト」は妊娠期・授乳期・離乳食期・幼児食期と長期にわたり、ママや赤ちゃんに必要な栄養をサポートする宅配サービスです。

離乳食はセットの種類が豊富。いろいろなメニューの詰合せの他、苦手な野菜を克服するためのセット、お肉デビュー用のセットなど、具体的なテーマ別でも商品を選べます。

欲しい分だけ使えるキャップ付きのパウチもあり、持ち運びにも便利です。

関連記事

子供のはじめての食事を手軽にしてくれる離乳食宅配サービスのカインデスト。 国産の材料を使い小児科監修のもとレシピが作られているので、必要な栄養素をバランスよく上げる事ができます。 試してみたいけど「味が美味しいのか分からない」「[…]

カインデストの評判

オイシックス

販売会社名 オイシックス・ラ・大地株式会社
価格 離乳食コース 1,814円~
送料 ~600円(利用金額によって割引)
購入形態 定期 ・都度
月齢 5~12ヶ月以降
到着時の状態 常温 ・ 冷凍
初回割引・特典 クーポンプレゼント
初月の定額サービスが無料
2ヶ月送料無料

安心・安全なミールキットや食品が毎週届く「オイシックス」。定期購入と一緒に注文できる「離乳食コース」も人気です。

月齢に合った離乳食を毎週4~8品程度お届け。大人用の食材と一緒に購入できるので、買い物の手間が省けます。

これまでは冷凍タイプがメインでしたが、2024年2月からは待望の常温タイプも登場しました。

関連記事

「忙しくても美味しい料理を家族に食べてもらいたい」「子どもに安心して食べさせられる食材を使いたい」そんな人にオススメなのが、オイシックスのミールキット「キットオイシックス」です。 食の安全にこだわるオイシックスが、短時間で簡単に美味し[…]

オイシックスのミールキット

パルシステム

販売会社名 パルシステム共済連合会
価格 単品 322~
送料 地域によって変動
購入形態 都度
月齢 5~18ヶ月
到着時の状態 冷蔵・冷凍・常温
初回割引・特典 出資金・手数料無料で3週間お試し

「パスシステム」の離乳食「yumyumシリーズ」は、素材や形にこだわったオリジナル商品です。

野菜には産地直送の野菜を使用。なめらかな「うらごしシリーズ」や、約5ミリにカットされた「ちっちゃカットシリーズ」など、面倒な下ごしらえが不要な商品が豊富です。

また、妊娠中・小さいお子さんがいるご家庭は手数料が最大無料という特典もあります。

関連記事

素材にこだわる生協宅配サービスのひとつパルシステム。 今回おすすめしたいのはパルシステムのミールキットです。国産素材・産直にこだわり調味料も化学調味料を使用しない食の安全にもこだわりあるミールキット。 カット済みの野菜が入ってい[…]

パルシステムのミールキット
関連記事

毎日忙しいけれど、子供のために栄養バランスのいい食事を用意してあげたい。そんな時に助かるのが、幼児食の宅配サービスです。 今回はこれから宅配サービスを利用したいと思っている方にために、選び方のポイントやおすすめの宅配弁当などについてご[…]

幼児食の宅配弁当サービス

離乳食をあげるのがめんどくさい時の解決策

離乳食がめんどくさいと感じるのは、作る時だけではありません。なかなか食べてくれない、食べた後の片付けが大変…など、あげる時に起こるいろいろな問題もママやパパの気力を奪いますよね。

そんな時はどうすればいいのか、お悩み別におすすめの解決策をご紹介しましょう。

離乳食を食べてくれない

離乳食作りと同様に大半の親御さんが頭を悩ませるのが、「離乳食を食べてくれない」という問題。

とはいえ、赤ちゃんの食の好みや食事の習慣はまだまだ確立されていないため、食べ方にかなりのムラがあるのは自然なことです。

まずはおおらかな気持ちでいることが大切ですが、どうしても食べてくれない時は以下のような方法を試してみましょう。

  • 体を動かしてたくさん遊ぶ

食べたがらない時は空腹を感じていない可能性も。食事の前にしっかり遊んで、お腹を空かせましょう。

  • 食材の食べやすさを工夫する

食材が固かったり大きすぎたりすると、食べにくいと感じて食が進まないことがあります。

  • 好きなように食べさせる

手づかみ食べは自分で食べる練習をするための大切なステップです。汚れることを気にし過ぎず、なるべく好きなように食べさせてあげましょう。

  • 食べなかったメニューは別の日にあげてみる

食べたがらなかったメニューも、違う日にはよく食べることがあります。「食べない=嫌い」と思い込む必要はありません

食べた後の片付けが面倒

赤ちゃんがスプーンや手づかみで食べ始めるようになると、ごはんの後の洋服やテーブルは食べこぼしだらけに…。離乳食は後片付けも意外と面倒です。

ただ、食べ物に興味を示すのは赤ちゃんにとって大切なこと。赤ちゃんの動きを制限するのではなく、後片付けが楽になる工夫をしてみましょう。

  • 床にマスカーテープやレジャーシートを敷く

塗装の養生などに使うマスカーテープは使い捨てできるのでとても便利。一方、レジャーシートは洗って繰り返し使えます。

  • エプロンは防水・ロング・マット付きなどが◎

防水タイプや下半身までカバーできるロングサイズは洋服の汚れを防止。テーブルマット一体型は食べこぼしを防ぎます。

  • 吸盤付きの食器ならひっくり返らない

吸盤付きの食器を使えば安定感が大幅にアップ。この他に、テーブルに密着するマット一体型の食器もおすすめです。

ママやパパの食事が遅くなる

離乳食をあげることに専念していると、ママやパパの食事は後回しになりがちです。そうなるとお腹が空いてしまうのはもちろんですが、時間ももったいないですよね。

一緒に食べる練習をしてみよう!
赤ちゃんは大人のしていることを見て真似をするため、一緒に食事を摂ると食べ方や食事の楽しさが伝わりやすくなります。以下のようなポイントをふまえて、少しずつチャレンジしてみましょう。
  • 子供が一口食べたら自分も食べる

赤ちゃんに一口食べさせたら、すかさず自分もパクリ。同じタイミングで口を動かせば、赤ちゃんの食べっぷりが良くなることもあります。

  • 最初はおにぎりやパンなどがおすすめ

最初から手の込んだ食事を一緒に摂るのではなく、ママやパパは手軽に食べられるおにぎりやパンなどから練習してみましょう。

  • 手づかみ食べしやすいメニューが◎

赤ちゃんが自分で食べやすいメニューにすれば、介助する手間が省けます。

 

離乳食をあげないとどうなる?

離乳食作りが面倒だったり、せっかく作っても赤ちゃんが食べてくれなかったり…。離乳食にまつわる悩みは尽きません。

疲れている時は投げ出したくなってしまうこともあるかもしれませんが、そもそも離乳食は何のために必要で、あげないとどうなってしまうのでしょうか?

離乳食が必要な理由
  • 母乳やミルクだけでは栄養が足りなくなるから
  • 噛む力や消化機能が未発達だから
  • 食べる楽しみや生活習慣を学ぶため

離乳食はただ単に卒乳を目的とした物ではありません。食事の内容やしっかり味わって食べることには、主に上記のような大切な役割があるのです。

つまり、離乳食をしっかりあげないと赤ちゃんの心身に様々な影響が及ぶことになります。具体的にどんな影響があるのか、その一つ一つを見ていきましょう。

栄養が足りなくなる

赤ちゃんは成長と共によりたくさんのエネルギーを必要とするようになり、母乳やミルクだけでは栄養が足りなくなってきます。

離乳食の初期はまだ母乳やミルクがメインとなるため、離乳食を食べない日があっても大きな心配はありません。しかし、中期・後期と進んで卒乳に向かうにつれ、食事から摂る栄養が重要になってくるのです。

中期を過ぎた頃には、赤ちゃんの体調が悪い時以外は、基本的に離乳食を毎日あげることが推奨されます。

消化器やあごの発達が遅れる

食材をすりつぶしたり刻んだりする必要があるのは、赤ちゃんの歯やあご、消化機能などが未発達のためです。

離乳食が月齢に合った食べやすい状態になっていると、噛む力や消化吸収する力が順調に備わっていきます。

しかし、離乳食をあげないと消化器やあごの発達が十分に足りず、胃がなかなか大きくならなかったり、あごが小さいままで歯並びが悪くなる可能性があります。

貧血による影響が表れる

生後8ヶ月頃を過ぎると、赤ちゃんの体は鉄分を多く必要とするようになります。なぜなら、お腹の中にいる時にお母さんからもらった鉄分が減り始めるからです。

減ってしまった鉄分は、食事から補うしかありません。しかし、このタイミングで鉄分の摂取量が十分でないと、鉄欠乏性貧血になるリスクが高まってしまいます。

また、鉄分不足は心身の発達に影響があることも指摘されています。そのため、離乳食は量だけでなく、質にも気を付けなければならないのです。

 

離乳食のめんどくさいを上手に解決しよう!

離乳食は赤ちゃんが健康に育つための大切な食事です。でも、毎日のこととなると「めんどくさい!」と感じる日があることも事実ですよね。

そんな時は一からの手作りにこだわらず、大人用のおかずを活用したり、宅配のベビーフードを利用して楽をしましょう。食事の楽しささえ伝われば、赤ちゃんもきっとすくすく育ってくれますよ!